Amazon.co.jp ウィジェット サブルーチンと関数

サブルーチンと関数

スポンサーリンク




サブルーチンとは、同じ作業を何度も行う場合などに、その部分をメインプログラムと切り離しておいて、必要なときに呼び出して使うことができるというものです。

      call サブルーチン名(引数,引数,・・・)
      stop
      end
c
      subroutine サブルーチン名(引数,引数,・・・)
      プログラム
      return
      end

サブルーチン名の付け方は、変数名と同じですが、型は関係ありません。

      dimension x(2)
      x(1)=1
      x(2)=2
      y=5
      call ss(x,y,z)
      write(*,*)'x1=',x(1)
      write(*,*)'x2=',x(2)
      write(*,*)'y=',y
      write(*,*)'z=x1+x2+y=',z
      stop
      end
c
      subroutine ss(a,b,c)
      dimension a(2)
      c=a(1)+a(2)+b
      return
      end

返す値が1つの場合は関数も使えます。
関数では、返す値を関数名に代入します。
関数名の付け方は、変数名の付け方と同じです。

      function 関数名(引数,引数,・・・)
      プログラム
      関数名=値 or 計算式
      return
      end
      x=2.0
      y=f(x)
      write(*,*)'x=2.0、','f(x)=2x+3=',y
      stop
      end
c
      function f(a)
      f=2*a+3
      return
      end

計算式が1行の場合は、文関数が使えます。

      f(x)=2.0*x+3.0
      y=f(2.0)
      write(*,*)'x=2.0、','f(x)=2x+3=',y
      stop
      end

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする