Amazon.co.jp ウィジェット 冷え性の原因と改善法

冷え性の原因と改善法

スポンサーリンク




某掲示板サイトのフルータリアンスレで、フルータリアン(フルーツしか食べない人)になってから寒さに弱くなったという書き込みがあります。私自身は、ベジタリアンになる前から冷え性でしたが。

冷え性についての考察&経験を書いてみます。

冷え性の原因は、あくまでも私の場合ですが、エネルギー不足だと思われます。エネルギー不足であって、燃料不足ではないことに注意。

人体には、エネルギーを作る仕組みが、大きく分けると二つあります。「解糖系」と「ミトコンドリア系」です。どちらも大事ですが、ミトコンドリア系の働きが悪いと、寒さに弱くなり、冷え性となってしまうと思われます。
ベジタリアン・フルータリアンで、ミトコンドリア系の働きが悪いのは、ミネラル不足――特に、鉄・亜鉛の不足――が原因だと思われます。

大豆食品をたくさん食べているベジタリアンは少なくないと思います。大豆食品には、ミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が多く含まれています。また、大豆たんぱくは、鉄分の吸収を阻害すると言われています。大豆食品によるミネラルの吸収阻害効果は、ミネラルの中でも、ミトコンドリア系に関係しているものに強く影響するようです。
また、作物の栽培において、動物性肥料(牛糞や鶏糞など)、農薬、殺虫剤、除草剤、化学肥料は、土中の有用な微生物を減らしてしまうと思われます。植物がミネラルを吸収するのを助ける微生物が減ると、ここでも、ミトコンドリア系と関係が深いミネラルが特に影響を受けているように思われます。
私は実体験から、動物性肥料の影響が相当大きいのではないかと考えています。

同じ作物でも、産地が違えば、鉄や亜鉛の含有量に大きな差が出ます。栽培方法の違いが原因ではないでしょうか。

モラセス(廃糖蜜)小麦胚芽ピーナツバターなど、鉄分や亜鉛を多く含んでいる食品をしっかり食べるようにすると、私の場合は、冷えが改善します。他には――私は試したことはありませんが――ビール酵母も良さそうです。ビール酵母は、原材料に、なぜか大豆が含まれていることがあるので、注意が必要です。ピーナッツバターについてですが、原材料がピーナッツと塩だけというのが理想的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする