Amazon.co.jp ウィジェット ベジタリアンの激やせ、痩せすぎ対策

ベジタリアンの激やせ、痩せすぎ対策

スポンサーリンク




私自身、ベジタリアンになってしばらく経ったころから、どんどん痩せていきました。何をどんなに食べても太れず、苦労したのですが、いろいろと調べたり試したりした結果、今は太れるようになりました。その過程で分かったことを書いてみようと思います。間違っている部分があるかもしれませんが、ご容赦を。

人間の身体(細胞内)には、2つのエネルギーを作る仕組みがあります。「解糖系」と「ミトコンドリア系」です。解糖系は、瞬発力はあるけれどエネルギー効率は悪く、ミトコンドリア系は、瞬発力はないけれど、エネルギー効率は高い。ベジタリアンで激やせ・痩せすぎてしまう人は、解糖系はしっかり働くけれど、ミトコンドリア系は働きが悪くなっている状態だと思います。解糖系は、その名称からもわかる通り、糖質を使ってエネルギーを作ります。ミトコンドリア系がしっかり働いていれば、糖質を燃やした後に残る燃えカスと脂質を使ってエネルギーを作れるのですが、これができない場合、糖質を燃やした後に残る燃えカスは、肝臓に運ばれて、糖質に再生されます。他にも、アミノ酸(タンパク質)等からも糖質は合成されます。糖質の合成(糖新生)に必要なエネルギーは、脂質を使って作るのですが、この際、脂質は完全燃焼させず、その燃え残りを使ってケトン体が作られます。ケトン体はエネルギー源として利用できるのですが、ミトコンドリア系の働きが悪いと、ケトン体を使うことができません。そのため、ケトン体は排泄されることになります。言い換えると、脂質の持つエネルギーの一部(大部分?)を捨ててしまうということです。
つまり、『解糖系はしっかり働くけれど、ミトコンドリア系は働きが悪くなっている』という状態では、エネルギー源となる栄養素をどんどん浪費していくことになるので、痩せてしまうわけです。さらに、エネルギー不足となって、冷え性、脱力感、集中力低下、耐え難い空腹感、イライラする、などの症状が出たりします。
この状態を脱するためには、ミトコンドリア系をしっかり働くようにする必要があります。

私の経験上、ミトコンドリア系がしっかり働かない理由は、ミネラル不足だと思います。特に、鉄分、亜鉛。塩を多めに摂取すると多少改善がみられるので、ナトリウムも関係しているのかもしれません。

ベジタリアンになると、タンパク質が不足すると考えて、大豆食品をたくさん摂取するようにしている人が多いのではないでしょうか。大豆は、ミネラルの吸収を阻害するファチン酸を多く含んでいます。また、大豆たんぱくは、鉄分の吸収を阻害するそうです。大豆食品をたくさん摂取しているがために、ミネラル不足になり、ミトコンドリア系の働きが悪くなっている可能性があります。一日に一食くらいは、大豆食品を食べないようにしてみてはどうでしょうか。

鉄分や亜鉛を多く含んでいる食品には、モラセス(廃糖蜜)小麦胚芽ピーナツバターなどがあります。私の場合、ピーナッツバターをたくさん食べると、顕著に体重は増加します。他には――私は試したことはありませんが――ビール酵母も良さそうです。ビール酵母は、原材料に、なぜか大豆が含まれていることがあるので、注意が必要です。ピーナッツバターについてですが、原材料にピーナッツと塩以外が使われていると、効果は弱いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする