Amazon.co.jp ウィジェット フィチン酸・フィターゼとミネラルと自然栽培(自然農法)

フィチン酸・フィターゼとミネラルと自然栽培(自然農法)

スポンサーリンク




文部科学省の食品成分データベースによると、米国産黄大豆に含まれる亜鉛は、国産黄大豆の約1.5倍となっている。
亜鉛は、さまざまな酵素に関係しているらしいので、亜鉛の含有量がこれだけ違えば、フィターゼ(フィチン酸を分解する酵素)の量や活性にも差があるのではないだろうか。

同じ作物でも、栽培方法によって、含まれるミネラル量に大きな差が生じるのでしょうか。

2週間ほど前だろうか、テレビで自然栽培(自然農法)というものを見た。
自然栽培(自然農法)とは、農薬や肥料を使わない栽培方法で、私は以前からこの種の栽培方法に興味があった。

自然栽培(自然農法)では、根量が多くなるようです。土中の養分が少ないから、養分を求めて根をしっかり伸ばすのでしょうか。

自然栽培(自然農法)についてネット検索すると、養分はともかく、ミネラルは不足するのではないかと考えている方がいるようですが、ミネラルは地下水によって運ばれてくるのではないでしょうか。そして、土中の微生物の働きや根量が多いことから、たくさんのミネラルを吸い上げることができるのではないでしょうか。

人間の手がほとんど入っておらず、毎年雑草が生い茂るような場所を観察すると、作物を育てるうえで大事なことを教えてくれているような気がします。

サプリメントの類が必要とされる原因は、作物の栽培方法と関係があるのでは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする