Amazon.co.jp ウィジェット 便秘を食事で改善する方法、硬い便の解消法も

便秘を食事で改善する方法、硬い便の解消法も

スポンサーリンク




大腸が活動するためのエネルギー源は、腸内細菌が食物繊維から作り出す短鎖脂肪酸です。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、水溶性食物繊維の方が、短鎖脂肪酸の産生につながりやすいと言われていますが、食物繊維の種類よりも、量を食べることの方が大事だと考えます。とにかく、野菜をたくさん食べるべし、と。

短鎖脂肪酸には、腸内細菌由来の他に、体内で作られているものもあります。糖質を作る際に、ケトン体も作られます。ケトン体は、短鎖脂肪酸の一種です。糖質制限をすると、ケトン体の産生量が増えます。お肉・卵・チーズのような、食物繊維を含まないものばかり食べていても便秘にならないようですので、この場合、ケトン体が大腸の活動エネルギーになっていると考えられます。

動物性食品は、短鎖脂肪酸を作る細菌を減らしてしまうのか、あるいは短鎖脂肪酸の吸収を妨げるのか、原因は分かりませんが、腸内細菌由来の短鎖脂肪酸の効果を減じるように見受けられます。

また、便が硬くて出にくいということもあるでしょう。私がそうでした。私の場合、便が硬くなる原因は、エネルギー不足だと考えています。水分をたくさん摂取すると、短期的には解消しますが。

エネルギー不足

尿の濃縮力が足りない

頻尿・多尿で水分不足

便が硬くなるほど水分を吸収してしまう

そして、エネルギー不足の原因は、ミネラル不足、および硝酸態窒素による酸素欠乏だと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする