Amazon.co.jp ウィジェット 糖質制限ダイエットで太った?痩せない理由

糖質制限ダイエットで太った?痩せない理由

スポンサーリンク




糖質制限ダイエットをしても体重が減らない、体重が増えたという人もいるようです。糖質制限ダイエットで痩せない理由について考えてみます。

糖質制限をすると、体内で糖質を合成し続けることになるわけですが、その際、ケトン体も作られます。ケトン体は、短鎖脂肪酸の一種です。短鎖脂肪酸は、食物繊維を腸内細菌が発酵することでも作られています。短鎖脂肪酸には、脂肪細胞が糖質や脂質を取り込むのを抑え、エネルギー消費を促す作用があります。糖質制限を行うことでケトン体がたくさん作られ、痩せるための準備が整うわけです。

タンパク質は、窒素化合物の生成を通じて肝臓の負担を高めます。また、動物性食品は、腸内の悪玉菌のエサとなり、悪玉菌による生成物を通じて肝臓の負担を高めます。糖質制限ダイエットは、内臓の負担が高まることで、消費エネルギーが増え、痩せることができると考えられます。

糖質制限ダイエットで痩せるためには、食事内容を高たんぱく・低脂肪にする必要があります。糖質制限ダイエットで体重が減らないのは、食事内容が、低たんぱく・高脂肪になっているためではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする